銀座大通り(平和記念東京博覽會絵ハガキ張込帖)/出典:東京都立図書館

京橋区は八重洲・京橋・宝町・八丁堀・新川以南、日本橋区の南に位置。区名は区内の代表的な橋である京橋による。

東京市内最初の市街電車が走ったのは新橋~京橋を結ぶ銀座通りで、明治初年に新両替町を改称した銀座町一帯は、中期以降新橋花街の隆盛とあいまって飲食店が増加。明治末年にはカフェーが出現し、東京市一番の商業・歓楽街となった。

一方、同39年より東京港および新佃島・月島の埋立工事が行われ、大正2年までに2町65丁が起立。明治初期からの石川島造船所に呼応し月島工業地帯となり、東京市の商工業の中心部となった。

1923(大正12)年の関東大震災では焼失町数207か町に達し、15区のうちで最高。震災後大幅な区画整理が行われ、昭和通りの新設、街路の拡張など大規模な復興事業が実施された。これを機に日本橋魚市場が築地に移転してきた。

復興に伴い銀座一帯に百貨店が進出、また八丁堀一帯には堀留町(日本橋区)より金物問屋が次第に移転し、代表的鉄鋼問屋街となった。

京橋區の町名一覧

あ行

か行

さ行

  • 幸町京橋區さいわいちょう

た行

な行

は行

ま行

や行

  • 柳町京橋區やなぎちょう

ら行